2021年卒の就活生が好印象をもった採用ホームページ第1位はどの企業!? コロナ禍で、しっかり閲覧する人の割合も増えている。

採用活動において、独自の採用ホームページを持つことは他社と差をつけるための有効な手段。コロナ禍において、採用ホームページの重要性はますます高まっているようです。

キャリタス就活を運営している株式会社ディスコが、8月24日に採用ホームページに関する調査「2021年卒 採用ホームページ好感度ランキング」を発表しました。(ディスコのHPはコチラ

2021年卒の学生を対象に就職活動中に閲覧した企業の採用ホームページの中から好印象だったものを尋ねて、ランキング形式で集計したそうです。(調査時期:2020年7月10日~7月15日、回答人数1,115名)

総合で最も票が多かった第1位は「ソニー」でした。

ソニーの採用ホームページはコチラ

ソニーが好印象だったと回答した学生からは、

〇求める人物像が明確 〇直感的に「働きたい」と思わせるような文言とデザイン 〇デザインがおしゃれ 〇社員紹介が充実している 〇職種別に分かれていて内容が⾒やすい 〇欲しい情報の場所がわかりやすかった

などのコメントが出ています。

続けて第2位は「NTTデータ」、第3位は「Sky」、第4位は同率で「三井物産」「日立製作所」でした。

第3位の「Sky」は、過去に「学生が良いなと思う採用ホームページ」でご紹介したことがあります。(その記事はコチラ

「NTTデータ」に対しては 〇社員紹介やプロジェクト紹介などコンテンツが豊富 〇テーマごとに⾒やすく分類されていた、「Sky」には 〇ポップな⾒た目で⾒栄えが良かった 〇多くの社員の具体的な働き方が掲載してあった、「三井物産」には 〇社員紹介が充実 〇全体的にシックでかっこいい、「日立製作所」には 〇デザインが良く、求めている情報に最もアクセスしやすかった、などのコメントがありました。

コメントをみると、やはり社員紹介の充実さは重要のようです。イメージがわきやすいこと、さらにデザイン性の高さもポイントですね。ほしい情報の探しやすさも学生にとって好印象となるみたいです。

今回の調査では、採用ホームページの閲覧度合も尋ねており、「かなり目を通した」の割合が昨年の調査(48.1%)→今年の調査(63.5%)と、大幅に増加していました。今年はコロナ禍の影響で会社説明会の機会が減ったこともあり、採用ホームページからの情報収集の必要性が高まったと思われます。

学生がどんな項目に好印象を持つのか参考にして、自社の採用ホームページをより好感度の高いものにし、よりよい採用活動につなげていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です