会社説明会は学生が楽しめる内容が差別化を生む! チームワーク・コミュニケーションを重視している企業には、エンターテインメント型グループワークがおススメ!

前回、会社説明会で重要なことは「参加した学生に楽しんでもらうこと」というお話をさせていただきました。

(過去の投稿はコチラ→会社説明会の重要な目的は「学生に楽しんでもらうこと」! そこから理解を深めてもらうことにつなげましょう。

“会社や社員から学生へ”という一方通行の内容ではなく、“学生と社員”または“学生と学生”がコミュニケーションをとることができるようなものを取り入れてほしいですね。

そして学生が飽きることなく、おもしろい・楽しいと感じてもらうことが会社説明会の一番の目的です。

「では、どんなことをしたらいいの?」

「その考えはわかるけれど、具体的な内容が思いつかないなぁ。」

なんて方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、多くの企業が重視していると思われる「チームワーク」「コミュニケーション」をキーワードにした差別化事例として、グループワークを紹介します。

グループワークで、学生の志望度アップを目指す

学生を飽きさせないためには、学生が自ら動き、考えるものがおススメです。

そこで「30分~60分で体感できるエンターテインメント型グループワーク」を行ってみてはいかがでしょうか。

ゲームをグループワークに取り入れることで、楽しく企業理念や仕事内容の理解を深めるきっかけにできます。

【例1】謎解きゲーム

【例2】仕事体験ボードゲーム

学生が楽しめると、学生本来の人となりも見えてくる!?

グループでゲームに取り組むことで、学生自身の能力だけでなく、周囲との交わり方も重要になってきます。

学生のコミュニケーション能力や発言力、協調性やまとめる能力など、さまざまな側面を見ることができるので、「チームワーク」や「コミュニケーション」を重視している企業に向いているのです。

いかがでしょうか。

会社説明会へ参加して、まさかゲームをするとは思わなかった!と、学生の印象にも残る会社説明会になれば、他社と差をつけることができそうですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です