女子学生に“働きやすさ”をアピールするならこの2つ!「女性特有の制度や特集」と「オフィスの清潔感」

最近の採用面接では、仕事の内容ややりがいよりも、残業のことや有休のことなど“働きやすさ”に関する質問が増えていると耳にしました。

採用ホームページでも、学生が知りたいと思っている“働きやすさ”に関する情報を掲載することが必要となるでしょう。

そこで今回は、特に女子学生が“働きやすい”と魅力を感じた採用ホームページの内容を一部ご紹介します。

女子学生向けには、女性特有の制度があると魅力増。女性が働きやすい環境が整っていることを具体的に伝える

例1:女性社員だけを集めた紹介方法

□女性社員の活躍ぶりがわかる「女性社員特集」【株式会社MJI[旧:株式会社グッドライフOS)]】

6人の女性社員のインタビューを特集記事として掲載。

女性もさまざまな部署に配属されていて活躍している姿が読み取れます。

女性のやる気に満ちた思いがダイレクトに伝わり、学生もこんな風にキラキラ働きたいと感じていました。

例2:女性に関する自社独自の制度

□「ウーマンパワー発揮プロジェクト」【株式会社物語コーポレーション】

女性の「結婚」「出産」を祝福し、女性らしく自分らしく働ける環境整備を進めるためのプロジェクト。

活動のひとつに「ウーマンパワー発揮ミーティング」という普段抱える悩みや不安を話し合える女性社員だけのミーティングがあることも紹介。

会社が女性社員をバックアップしている姿勢があるのは、仕事を続けたい女性にとって安心できると学生に好印象。

オフィスの雰囲気がいいことが伝わる写真が載っていると、好感度は自然と上がる

例3:社内の清潔感を感じさせる写真

□贅沢な雰囲気を醸し出すオフィスの写真掲載【トリプルグッドグループ】

お客様との打ち合わせやランチのとき利用できるラウンジスペースや応接室、研修などを行うセミナールームなど、オフィス内の写真を複数枚掲載。

リラックスして休憩できそうな空間で、メリハリをつけて仕事に取り組めそうと学生は好感を持っていました。

例4:整った施設や設備を紹介

□「教育研修センター」【済生会熊本病院】

教育制度の一環として、働くスタッフの成長と快適な職場環境を目指して作られた施設。

図書室や勉強室、トレーニングルームなどの整った設備が紹介されています。

清潔感があり、ゆったりできる空間なので、勉強しようという意欲が自然と出そうだと、学生は魅力を感じていました。

女子学生にとって、男性社員よりも女性社員の先輩がどんなふうに働いているのか、気になるところでしょう。

女性向けの独自制度もないし、きれいなオフォスでもないから、載せるものが見つからないなんてときは、女性社員の社員紹介だけを集めた「女性社員特集」としてメニュー画面を変えるだけでも学生の目にとまりやすくなるかもしれません。

その中に、プライベートが充実している方、産休を取って復帰した方、時間短縮勤務を使って子育てしながら働いている方、などが含まれるとさらにいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です