今がチャンス! 採用サイトを持っている企業は意外と少数派。募集要項だけ掲載する企業がまだまだ多い!?

これまで、さまざまな採用サイトを紹介してきましたが、

「いったいどれくらいの会社が自社の採用サイトを持っているの?」

「マイナビやリクナビなどの採用情報サイトに掲載しているだけの会社が多いから、それで大丈夫なのでは?」

と疑問に思っている方もいると思います。

そこで、マイナビ2018に掲載している企業のうち、広島に本社がある企業446社(2017年6月末時点)を対象に、

□採用サイトを持っているかどうか

□持っていない企業は企業ホームページ中でどのような採用情報を発信しているのか

について調べました。

採用サイト保持率は約2割! 採用サイトを持つことは有利になる!

広島に本社がある企業446社中、採用サイトを持っている企業は93社で全体の約2割でした。

採用サイトを持っている企業はまだ少数派であり、一歩リードできているとも言えるのではないでしょうか。
採用サイトを持つメリットとしては、「豊富な情報を提供できる」「会社への理解を深めてもらえる」などがあげられ、学生へ会社のことをよりアピールできるという点でも募集アップにつながるでしょう。

今は、学生が採用活動する際、ホームページをみることが多い時代です。

興味を持っている学生が自社の採用サイトを見ることで会社に対するミスマッチを減らし、理解してから応募することで質の向上も見込めそうです。

採用情報をテキスト形式の募集要項のみで掲載している企業が半数近く!

では、自社の採用サイトを持っていない企業は、どのように採用情報を発信しているのでしょう。

企業のホームページの中でどのように採用情報が掲載されているのか、4つのパターンに分けて調べました。

1、写真やイラストを複数使って、見やすくおもしろく掲載

2、テキスト形式の文章や募集要項の表のみを掲載

3、具体的な情報は掲載せず、マイナビやリクナビへのリンク表示のみ

4、ホームページには採用情報の掲載はなし

その結果、一番多かったのは「2、テキスト形式の文章や募集要項の表のみを掲載」で、44.2%。

半数弱の企業が、基本情報のみを文章や表で掲載しているだけでした。

企業のホームページでも、写真やイラストをたくさん使って情報を伝えている企業はまだ多くないようです。

写真やイラストを多く使うという点では、全体の約4割が当てはまる。

採用サイトがある企業とない企業をまとめて比較すると、以下のような割合になりました。

採用サイトをもつ企業と、企業のホームページ中に写真やイラストを複数使って見やすく、おもしろく掲載している企業は、どちらも約2割。

全体で4割を占めています。

今はまだテキスト形式だけの採用情報を載せたり、採用情報サイトへのリンク掲載のみの企業が多いですが、写真などをたくさん掲載した採用情報をもつ企業が半数以上になる日も近そうですね。

採用サイトをもっている企業が意外に少ない今こそチャンスです!

自社採用サイトをもって、他社と差をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です