【採用担当者向け】採用ホームページのインパクトを強くするためのヒント

前回、採用ホームページをより多くの学生に見てもらうためには、「視覚的に楽しめるものにする」ことが重要というお話をさせていただきました。

でも、

「具体的にはどうしたらいい?」

「簡単に試せることはない?」

と思った方もいると思います。

そのひとつの例は、背景に写真やイラストを載せて、より印象づけること。

興味をひき、読んでみようと思わせることです。

今回は、学生の紹介してくれたホームページの中から、インパクトを与えるためのヒントになる例をご紹介します。

まず一つ目は、スーパーマーケット「エブリイ」を運営している「エブリイホーミイホールディングス」の採用メッセージです。

左側が実際の採用メッセージ。右側は背景の写真をなくしたもの。

「あたりまえを売るな。」というメッセージだけでも意外性があり興味をひきますが、そのバックに野菜を持つ写真があるかないかで、イメージがずいぶん違って見えます。

背景が無地よりもインパクトが出て、印象に残りませんか。

次の例は、スポーツ選手のマネジメントやプロチーム興行支援などスポーツ市場の未来に携わる会社「マーススポーツエージェント」のホームページの一部です。

上段が実際のもので、下段は背景の炎をなくしたものです。

学生さんは、このページから「炎を使った背景からスポーツに対する情熱が伝わってきて、興味がわき、自分の思いも熱くなった」と話しています。

炎のないものと比較すると、その印象の違いは明らかですよね。

最後の例は、ヘルスケアの情報サイトや美容業界の仕事を紹介するサイトなどさまざまなメディアサイトを運営している会社「リッチメディア」の採用トップページです。

メッセージは、「社員を航海者に見立て、チームで船を操舵し荒波や嵐を乗り越えて挑み続けている」という内容。

背景は、航海する船の写真。

これを紹介してくれた学生さんは、「仲間」という言葉に非常に魅力を感じています。

背景があることで、社員は同じ船に乗った「仲間」であることが、より強く伝わっているのだろうと思いました。

 

これらの例を見ていただけると、少しイメージができた方もいるのではないでしょうか。

伝えたいことの背景にインパクトのある写真をつけるだけで、見ている学生の気持ちが変化する可能性大です!

伝えたい思いを表すもの、目をひくもの、おもしろいと思えるものなどの写真を載せるという、まずは簡単なところから始めてみるのもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です