【学生が良いなと思った採用ホームページ】全員が誇りに思える会社を、全員の手でつくる「株式会社リスペクト」

こんにちは。同志社女子大学3年のやんやんです。

先週、就職活動準備として友人と自己分析オールをしました!

はじめは女子会の予定でしたが、話題は就活になり「自己分析どうやってするの?」という友人の一言から、自己分析みんなで一緒にやろう! となり、気づけば朝でした。

友人と自己分析をすることは、おすすめです。楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

自分を自分で見直すだけでなく、他人から自分はどう見られているかにも気づけますよ!

さて、企業研究で印象に残った採用ホームページをご紹介します!

東京と仙台にオフィスを構える「株式会社リスペクト」です。

コンサルティングとクリエイティブの両軸で、クライアントの事業活動やマーケティング支援、人材戦略や採用支援などを行っている会社です。

1.発想がおもしろい

「ベンチャー理解度診断」のページでは、全4問の質問に回答するだけで、自分がどれだけベンチャー企業を理解できているのかを診断することができます。私自身、ベンチャー企業をあまり理解できていなかったので、クイズ形式で学ぶことができておもしろいと思いました。

このページによって、就活生が抱きやすい“ベンチャー企業は不安定で小規模な企業ばかり”といったような固定概念が壊されるのではないでしょうか。

また、「キーワードで見るリスペクト」のページもおもしろく、ユニークな内容と独特な絵に惹かれました。

このページでは会社の意識や社員の特徴などがキーワード形式で知ることができます。

全部で23個あるキーワードの中で、私が特にいいなと思ったのが「チーム」です。「一人ひとりが目標の達成と仲間との成長に全力でコミットして初めて、1+1が2以上になる」と書かれた横に、2人が肩を組んでいる絵があり、チームワークの良さが伝わってきました!

2.社内交流活動が盛ん

この会社では、お花見などの社内イベントだけでなく、部活動やサークル活動を通して社内交流が積極的に行われています。

コミュニケーションワークとして、月に1度、全社員を5、6人のチームに分け、それぞれのチームで「おもしろいこと」を企画し、各チームの活動を社内報『からふる』に毎月掲載するそうです。

全職種の全社員とコミュニケーションを図ることができるので、事業部内の縦と横の繋がりだけでなく、会社全体の繋がりがあり、楽しそうだなと思いました!

3.社員が会社を作っている!

リスペクトには「一万改善プロジェクト」というものがあります。「会社は経営者のものではなく、みんなのもの。新人もベテランも関係なく、誰もが意見できる仕組みをつくろう!」という考えから生まれたそうです。

これまでに投稿された改善案は3,000件強で、そのうちの約300件が採用され実行されています。

会社の改善を社内プロジェクトとして、全員で取り組むところにとても共感しました。

社員の声を大切にしている会社の姿勢が素敵だと思いました!

最後に

株式会社リスペクトのホームページには、もっと読みたい、知りたいと思わせるおもしろさがありました。

ホームページ自体もおしゃれで、私のようにひきつけられる学生も多いのではないかと思います。

社員が会社と雰囲気を作っているということがよくわかり、社員がいきいき働いていることが伝わってくるホームページでした。

 

株式会社リスペクトの採用ホームページはコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です