【学生が良いなと思った採用ホームページ】あたりまえを売らない「エブリイホーミイホールディングス」

はじめまして。広島修道大学3年のりんこです。

私が今回ご紹介するのは、食の総合プロデュースグループである「エブリイホーミイホールディングス」です。

スーパーマーケット「エブリイ」を中核に、外食部門ではホーミイダイニング、宅配ではヨシケイ福山などの事業を行っています。

近所にエブリイがあり、私自身よく買い物に行きます。いつも活気があり、働いている方のイキイキしている姿が印象にありました。

接客業はもともと興味があったので、ホームページを見てみると、なかなか興味深くおもしろかったのでご紹介します。

1.気になる採用メッセージ「あたりまえを売るな」に惹かれる

どういうことだろう? と読み手が気になるインパクトのあるフレーズで、興味がわきます。

「エブリイ」のホームページを見ていると、この意味に繋がる挑戦や出来事がいくつも載っていました。

その一つが、「夕方6時以降は欠品OK!」。

スーパーマーケット業界では、販売の機会を失う欠品は最大のタブーとされているそうです。

しかし、エブリイでは鮮度・美味しさを守るための欠品ならOKとしています。

いつでも商品が並んでいることがあたりまえだと思っていた私は、これを読んで驚きました。

この逆転の発想がエブリイならではなんです。

それ以外に、常識をくつがえす独自の仕入れ方法が載っていたり、お客さんのニーズに合わせて魚売り場が変わっていったりする写真も載っており、「ほかの会社とは違う何かがここにはある」とワクワクした気持ちになりました。

20170208_エブリイ2

2.興味深い人材育成「類人猿分類・人間塾」

「類人猿分類・人間塾」とは、人の性格を4つの大型類人猿(オランウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボ)に当てはめて、他人との考え方や行動の違いを理解し、円滑なチームワーク作りを行う研修です。

「自分を知って磨きをかけることで人間力をアップさせ、相手を知って理解することにより仲間をつくり、イキイキと働くお店づくりに成功した」と書いてありました。

想像するだけで、なんだかおもしろそうです。

自分が何に当てはまるのかを考えながら自然と読んでいけました。

エブリイでは、仕事の割り振り、採用や人事異動にまで、この「類人猿分類」を活用しているそうです。

社員紹介にも、その社員さんがどの類人猿なのかが載っているので、その人のタイプを頭に置いてインタビューを読むのもおもしろかったです。

20170208_エブリイ3

3.信頼できる実績がある

エブリイは様々な分野で賞を受賞していました。

全国でたった2名が選ばれる「ベスト店長大賞」

スーパーマーケット業界ではエブリイが初となる「企業価値認定」

前年に開業した店舗の中で最も注目された店舗に贈られる「ストア・オブ・ザ・イヤー」

特に私が魅力を感じたのは、「企業価値認定」受賞理由の中に、“スタッフがエブリイでの仕事を楽しんでいる”という項目があったことです。

働いている方が仕事を楽しいと思っており、それが評価されたことは、会社への信頼になりました。

20170208_エブリイ4

最後に

エブリイのホームページは、表情豊かな写真が多く、働いている人がイキイキとしていることが伝わってくるものでした。

また、採用メッセージ「あたりまえを売るな」の通り、「あたりまえではない」内容を多く見せて、「なるほど、こんなことをしているんだ」とどんどん興味がわいてくる内容になっていると思います。

エブリイホーミイホールディングスの採用ホームページはコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です