BLOG

ブログ

面接では第一印象が大切だとよくいわれますが、それは、採用ホームページにも当てはまるのではないかと思います。

採用ホームページの画面を開いたときに、どんなものが目に入ってくるかで、印象は大きく違うでしょう。興味を持ってもらえるかどうかは、トップ画面で決まるといっても過言ではないかもしれません。

そこで今回は、これまで紹介してきた学生がいいなと思う採用ホームページのうち、過去2年分(全42社)のトップ画面がどのようになっているのかを調べてみました。※2020年1月時点

調べた結果がこちらです。

やはり静止画よりも、動きのある画面のものが圧倒的に多かったです。

スライド写真や文字が動くなど、少しでも動きがあるものを合わせると9割を超えるという結果に。いいなと感じる採用ホームページのほとんどは、トップページに動きがあるということですね。

動画は約3割とまだ少数派なので、動画にすることでぐっと差をつけることができそうです。

動画の内容は社内の様子や社員が働く姿が多く、例えば「Sky株式会社」では、社内の雰囲気も伝わりやすく、職場での服装なども参考になったようです。

また、「ALSOK」では職種の違う社員の方が順に流れるので、どんな仕事があるのかということもイメージしやすいですね。

また、学生が楽しい気持ちで企業研究できたという「加藤憲ホールディングス株式会社」「株式会社バンダイ」では、動きのあるイラストのユニークさや、カラフルでおしゃれなデザインが目を引きました。

トップ画面の工夫は、企業によってさまざまですが、自社の特徴を出しているものが多いなと感じます。

自社の特徴が伝わるような動画や写真、デザイン、仕掛けなどを入れて動きをのあるトップページにすることで、興味をもってくれる学生が増えることも期待できそうですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。