BLOG

ブログ

はじめまして。立命館大学4年のまっきーです。

私は就職活動中、自分の興味が深まる職種がなかなか定まらず、いろいろな企業のホームページを見たり、会社説明会に参加したりしていました。

企業のいろいろな一面を知ることができるのは楽しくて、しっかり企業研究できるホームページは印象にも残りましたね。

今回私が紹介する採用ホームページは「オムロン株式会社」です。

制御機器や電子部品事業、車載事業、健康医療機器など、幅広く事業展開を行っている会社です。

情報量が多く、内容も充実しているので、しっかり企業研究できる採用ホームページだなという印象でした。

1.楽しく選べる充実感のあるカラフルメニュー

トップ画面は「+Think-次の社会課題の解決へ―」という文字の背景に、会社の建物や仕事する社員の様子の映像が流れます。

最初に目に入るものに、映像などの動きがあると自然と目がとまりますね。

どんな仕事をしているのか、どんな職場なのかを少しでも見ることができるとうれしいです。

また、メニューの多さに驚きました。

事業内容や社員紹介のメニューはもちろん、それ以外に「8つのキーワード」「オムロンのコア技術」「テクノロジートピックス」など気になる名称もあり、いろいろな視点から会社のことを知ることでしっかり企業研究できそうです。

さらにそのメニューの色使いがカラフルなので、自然と気分も上がりました。

やはり見た目は大切ですね。

2. 自分の適性判断に役立ちそうな活躍フィールド一覧

さまざまな事業分野を展開しているオムロンですが、「活躍フィールド」というメニューの中で、概要と該当する会社、主な商品、採用予定職種、この事業分野でいかせる専攻について一覧表になっていました。

特に“この事業分野でいかせる専攻”というのが、学生にとってとても参考になる情報だなと思います。

専攻種類は「電気電子系」「機械制御系」「材料系」「情報系」「文系」の5つの分類がありました。

自分の今勉強していることが仕事にいかせたらいいなと考える学生は多いはず。

しかし、実際に会社に入って、学んできたことが役立つのかどうかは正直わからない部分も多いです。

そこで、このようにはっきりといかせる専攻が書かれていると、職種を検討する手助けになると思います。

自分のやりたいことがあるかもしれないと感じ、興味も深まりそうですよね。

3.仕事内容がイメージしやすいインタビュームービー

オムロンの社員紹介には、動画のインタビューがありました。

開発職4人、営業職4人の計8人で、長さはどれも3分~4分。

やはり動画は気軽に見ることができて、社員の人柄も伝わりやすいなと感じます。

特に開発職については、文字だけで読むよりも、実際の仕事の雰囲気がわかりやすいですね。

内容は、現在の業務や入社のきっかけ、仕事の魅力ややりがい、普段心がけていること、仕事を通して成長できたことなど。

実際に仕事しているところや、職場全体の様子、仕事で使う機材なども動画で見ることができるので、仕事内容がイメージしやすかったです。

「最初はまったくわからなかったこともある」「仕事をしながら学んでいくことで楽しくなってきた」という話もあり、先輩方も最初は不安に感じていたんだなぁと、勇気ももらいました。

その他にも、オムロンが目指す未来や、研究開発しているものを紹介する動画を集めた「動画ギャラリー」では、卓球ロボットや、いろいろな国の紙幣を認識できる交通系ICカードチャージ機など、今まで知らなかったものや驚かされるものがあり、見ていて楽しかったです。

最後に

オムロンの採用ホームページは、カラフルな色使いで見た目に好印象。

そして、メニューも多く自社のことを詳しく伝えているホームページだなと思います。

 

オムロンの採用ホームページはコチラ!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。