ザメディアジョンで活躍する社員インタビュー

ザメディアジョンで活躍する社員たちにインタビュー。 仕事のおもしろさ、壁にぶち当たった経験など、語ってもらいました。

お客様の会社の成長に「採用」を通じて貢献する。

TAMURA YOSUKE

人財マーケティング事業部 課長兼東北エリアリーダー田村洋介

人財マーケティング事業部とは、どんな仕事をするのですか?

関東、東北を中心に年間約30社の新卒採用のコンサルティング・アウトソーシングをしています。
新卒採用の企画提案、ツール制作、説明会プロデュース、面接代行・アドバイス、内定者研修など。
2014年9月には仙台営業所を開設して、東北エリアでの新規開拓、学生向けのインターンシップ受入、就職勉強会に力を入れているところです。

学生時代にこのままでは「まずい」と思い奮い立ったことを教えてください。

就活前に面白いことをしようと、大学3年生の夏休みに1ヶ月間、中国上海へ語学留学。
中国人のハングリーさに圧倒され、こういう環境に身を置こうと帰国後すぐに休学して、1年間上海へ留学。
留学で学んだことは語学以上に、中国人、海外の留学生の勉学に対する意欲です。

「田村君が起業するなら、応援するよ!」と言われる社会人になりたいと思っていました。その気持ちはいまも変わりません。

就職活動中はどんな社会人になりたいと思っていましたか?

「田村君が起業するなら、応援するよ!」と言われる社会人になりたいと思っていました。経営者になりたいと思っていたので(今も思っています)どんな経営者になりたいのか、明確にするために「経営者に会う就活」をしていました。「経営者」が出てくる会社説明会にしか参加しませんでした。

そのモチベーションはどこから?

二つあります。一つは2年遅れていること。
留学、編入を経て社会に出るのが2年遅れているので、本来の同期は2年先輩。
友人も皆社会経験が長いので、追いついて、追い越すには“量”をこなすしかないからです。
量をこなすことに関してはどんどんチャレンジできる社風が本当にありがたいです。
もう一つは期限を決めているから。1年目はこう働く、3年目はこう働く、という「働き方」の目標と期限を自分で決めています。
3年目は「6時出社、終電帰宅」を目標に掲げておりました(笑)。
自分で決めたらやるしかないので。

求人採用のエントリーはコチラ

新卒募集要項・エントリー